FC2ブログ

   失敗の彼方

       どこに向かっているのか、全く分からないブログ


さて前回の続きです。

地面に素足を着けないようスリッパを履き
手術室へ

そこには、先生他6名位メンバーがいました。
正直めっちゃ多いッス

もう緊張メーターは振り切りまくりです。

そして手術台へ
なぜかぬいぐるみを抱かされ、眼をテープで固定。

先生が説明していたが、もう無理
心臓さらにバクバク

そして右目からスタート
顔をレーザーの位置に調整されたが、緊張のあまり
生唾ごくり
そしたら先生が
「ずらさないで、ここが正面よ」
って私の顔の位置を微調整

もう逃げたい・・・・・・・・・・・・・・・


しかし淡々と手術は始まるわけで
「吸引スタート」
「フラップ切除」
「レーザー開始」
この流れで、なんとなくぼやけた赤い一点を見つめるわけです。

レーザー時間は、人によりますが、私は強度近視のため
40何秒でした。

看護婦がそれをこれまた坦々と数えます。
「40秒、30秒・・・・・10秒・・・5・3・2・1」
って将棋の放送みたいに


こちとら失神しないか心配な状態
もう体が条件反射で逃げないようピクピクしておりました。

まあこんな感じで両目終了
(続く・・・?)


続きが気になる人、否ならない人も次をクリックして下さい
にほんブログ村 株ブログへ
順位見るならこちらだよ↓
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ



スポンサーサイト



『見送り』です。
たんたんとシステム通りやるだけ…
七夕なのに天気が…(_´Д`)ノ~~